オープンソース・ソフト Drupal を使った Web サイトの構築・サポート・研修

ブログ

Drupal の創始者ドリース バイテルト氏のブログを日本語で紹介するコーナーです(バイテルト氏から直接、了承を得ています)。
※すべての記事が訳されているわけではありません。ご了承ください。

バイテルト氏のブログ サイト:dri.es(英語オリジナル)
  • 2020/07/15 Drupal 10 TRD(リリース目標時期)と Drupal 9 EOL(サポート終了期限)

    元記事(英語)のページ

    僕たちは Drupal 10 を 2022 年 6 月ごろにリリースすることを目指す。今からもう 2 年もない!

    なぜそんなに速く?と聞く人へ

    Drupal 9 最大の依存性(ディペンデンシー)は Symfony 4 にある。その Symfony… 続きを読む

  • 2020/07/14 今日の「フラッシュ デジタル変革」を駆動する 3 つのトレンド

    元記事(英語)のページ

    今日、Acquia は Open Digital Experience Platform の立ち上げを発表した。これは、Web サイトとアプリケーションを構築し、多数のチャネルで横断的にデータ駆動型のマーケティング キャンペーンを実行できる単一のプラットフォームだ。… 続きを読む

  • 2020/06/03 Drupal 9.0.0 リリース

    元記事(英語)のページ

    今日、僕たちは Drupal 9.0.0 をリリースした!ほぼ 5 年間、Drupal 9 に取り組んできたので大きなマイルストーンだ。

    今日、さっき、自分のサイトを Drupal 9 にアップデートしたのだが、実に簡単だった。

    続きを読む

  • 2020/04/21 地元で買い物をしてオープンソースの配当を促進

    元記事(英語)のページ

    僕の住んでいる小さな町では店のショーウィンドウや歩道の縁にまで「地元で買おう(shop local)」という表示を出しているところがある。これは大型のスーパーマーケットやデパートではなく、地元の商店への支援を喚起するためのものだ。

    続きを読む
  • 2020/03/19 オープンソースは不況に強いか?

    元記事(英語)のページ

    世界は今、恐ろしい時代を体験している。みんな、世界は不確かな状況にあると感じている。すなわち、世界的なパンデミックがあり、OPEC は骨抜き状態で、米国と中国の貿易戦争は激化しかねず、各国の株価は急落している。僕自身の家庭も含め、… 続きを読む

  • 2020/01/31 Acquia、ガートナー 2020 年 マジック クアドラント DXP 部門でリーダーに

    元記事(英語)のページ

    今日、Acquia は当社の歴史上、初めて、Gartner のデジタル体験プラットフォーム(DXP)部門のマジック クアドラントでリーダーの評価を受けた。これは僕たちにとって大きな節目となる素晴らしいことだ。

    (バイテルト氏の元記事に掲載されている… 続きを読む

  • 2020/01/15 Drupal、19 歳の誕生日おめでとう

    元記事(英語)のページ

    僕は 19 年前の今日、Drupal 1.0.0 をリリースした。これまでの 19 年間、Drupal コミュニティーは毎日、共同作業を進めることで世界にオープンソースを提供し、Web の構築・運営方法を変えてきた。

    続きを読む

  • 2019/12/11 Acquia、AI でデータの難題を解決するため AgilOne を買収

    元記事(英語)のページ

    僕はこれを発表できることにワクワクしている。Acquia は AgilOne を買収する最終的な合意書にサインした。AgilOne は主導的なカスタマー データ プラットフォーム(CDP)だ。

    CDP はいくつものソースから顧客データを取得し、… 続きを読む

  • 2019/09/24 Acquia、Vista Equity Partners から過半数の投資を受ける

    元記事(英語)のページ

    僕たちは今日、Vista Equity Partners から実質的に過半数を上回る投資を受けることに Acquia が合意したことを発表した。これは Acquia にとって 50% を超える株式を保有する新しい出資者ができたこと、そして、… 続きを読む

  • 2019/08/19 ローコードとノーコードのツールは Web を推進し続ける

    元記事(英語)のページ

    要約:ツールは十年規模の長い上昇を続けている。ツールを使うことでマーケターはセルフサービスでコンテンツを作れるし、開発者は技術革新にフォーカスできるようになる。

    続きを読む