Drupalとは

Drupalとは、コンテンツマネジメントシステム(CMS、WEBサイトのコンテンツを管理・更新する枠組み)の一種です。
個人のブログから企業のサイトまで幅広く利用することができます。
Drupalを利用すれば、技術的な知識がなくても、多機能で優れたウェブサイトを運営できます。

コンテンツマネジメントシステム(CMS)とは

CMSとは、ウェブに関する技術的な知識がなくても、テキストや画像等の「コンテンツ」を用意できれば、ウェブによる情報発信を容易におこなえるツールです。
CMSを用いれば、ブログを編集しているかのような感覚でウェブサイトまで作成できてしまうのです。そのため初心者でもウェブサイトの運営を容易に行えます。

Drupalとは

Drupalは数あるCMSの中でも、オープンソースCMSのコンテスト「オープンソースCMSアワード」総合部門で第1位を2年連続で獲得(2007~2008年)するなど、高い評価を受けているCMSです。
Drupalの特徴は下記のとおりです。
・細かい管理が可能:管理メニューが多く、細かい権限管理が可能
・センスの良いデザインの実装:CMSとは思えない個性的なデザインの実装が可能
・拡張性:ブログやSNS、Eコマースサイトをモジュールを追加するだけで構築が可能
・開発効率:モジュールプログラムが容易なため、独自機能のプログラム開発が可能
もちろんこのサイトもDrupalを用いて作られています。

Drupalの動作環境

OSにLinux、ウェブサーバにApache、データベースサーバにMySQL、プログラミング言語にPHPを用いたサーバ環境が一般的です。
サーバ環境の詳細は「Drupalをインストールする(ver 6.x)」をご覧下さい。

関連記事

Drupalでお悩みですか?
Drupalのことは株式会社OSSCにお任せください。
Drupal支援サービスのご紹介
弊社執筆書 Drupal Pro Bookのご紹介

このページの前後の記事

前の記事上位の記事後の記事
Drupal日本語情報LAMPサーバを構築する

この記事のトラックバックURL(あなたの記事にはこのページへのリンクを含めて下さい):

http://www.webgogo.jp/trackback/409