オープンソース・ソフト Drupal を使った Web サイトの構築・サポート・研修

ブログ

Drupal の創始者ドリース バイテルト氏のブログを日本語で紹介するコーナーです(バイテルト氏から直接、了承を得ています)。
※すべての記事が訳されているわけではありません。ご了承ください。

バイテルト氏のブログ サイト:dri.es(英語オリジナル)
  • 2017/09/27 Drupal の概況プレゼン(2017 年 9 月)

    元記事(英語)のページ

    昨日、僕は Drupal Vienna で Drupal の概況プレゼンを発表した。スライドをシェアしたのに加えて、もう少し詳細情報を提供しようと思った。Drupal がどう進化しているか、Drupal は誰のためにあるのか、… 続きを読む

  • 2017/07/20 アーセナルが Drupal を使用

    元記事(英語)のページ

    僕はベルギーのスポーツ ファンだから、サッカー ベルギー代表チームにずっと忠誠心を抱き続けると思うが、その忠誠をアーセナル FC にまで広げてもいいと思う。というのも、彼らは最近、新しいサイトを Drupal 8 でオープンしたからだ。イングランド プレミア… 続きを読む

  • 2017/05/18 フリダクション:摩擦をなくそうとするインターネットの勢いは止まらない

    元記事(英語)のページ

    これまで何度も目にしてきた顕著なトレンドがある。それは、ユーザー体験とビジネス モデルにおける「摩擦(friction)」を軽減しようとする、インターネットの継続的な流れだ。

    90 年代初期に商業的なスタートを切って以来、… 続きを読む

  • 2017/04/25 Drupal は「API 優先」であって「API のみ」ではない

    元記事(英語)のページ

    「ヘッドレス CMS」として知られる「コンテンツ-as-a-Service」ソリューションを選択する開発者が増えている。それは最小限の編集インターフェイスを備えたコンテンツ置き場(リポジトリー)であり、増えていく一連のアプリケーションが使いこなすためのコンテンツ… 続きを読む

  • 2017/03/08 Drupal を永久にアップグレードしやすくする

    元記事(英語)のページ

    Drupal が成功し続けてきた主な理由のひとつに、将来を見据えた大きな変更を常に行ってきたということがある。その結果、Drupal は 15 年以上にわたって時流に乗り続けてきた。こんな CMS は非常に少ない。ただ、… 続きを読む

  • 2017/02/14 ディストリビューションは Drupal にとって増大する機会であり続ける

    元記事(英語)のページ

    昨日、Nasdaq の IR サイト用 Drupal ディストリビューションに関する記事を公開したあとで気づいたのだが、このブログでは「Drupal ディストリビューション」について十分に話していない。誰でも Drupal… 続きを読む

  • 2017/02/13 Nasdaq は「Drupal ディストリビューション as-a-Service」をどう提供しているか

    元記事(英語)のページ

    Acquia Engage カンファレンスで講演する Nasdaq の CIO 兼 副社長のブラッド ピーターソン氏(Brad Peterson)。ニューヨーク市タイム スクエアにある Nasdaq の MarketSite 電光掲示板に Drupal… 続きを読む

  • 2017/01/24 Acquia、Forrester Wave の Web コンテンツ マネージメント システム部門でリーダーに

    元記事(英語)のページ

    今日、Forrester Wave の Web コンテンツ マネージメント システム 2017 Q1 部門で Acquia の名前が 1 つのリーダーとして挙げられた。このレポートは特にエキサイティングだ。というのも、Adobe や Sitecore… 続きを読む

  • 2016/12/30 ランボルギーニが Drupal を使用

    元記事(英語)のページ

    先週の TAG Heuer に関する記事に対して「あれは遠回しに(または、べつに遠回しにでもなく)プレゼントを催促しているようなものだ」とソーシャルメディア上でコメントしている人が何人かいた。最大の誠意をもって答えるが、あれは催促などではない。ただ、今週は違う。… 続きを読む

  • 2016/12/29 政府を丸ごと新しいデジタル プラットフォームへ移す方法

    元記事(英語)のページ

    オープン ガバーンメントの時代である昨今、有権者はオンラインで素晴らしいサービスを提供されることを期待する。このため、市民のニーズに応える大胆なデジタル体験を提供するべく、政府をそっくり、新しいデジタル プラットフォームへと移すことが求められることもある。… 続きを読む