FCKeditorモジュールの使い方(Drupal 6)

FCKeditorモジュールを利用すると、FCKeditorでのコンテンツの編集が可能となります。
これによって、文字の色やサイズを変更や、画像の挿入、画像表示位置の指定等が簡単に出来ます。
またユーザのロールを元に、プロフィールを設定することができます。FCKeditorのプロフィールでは、
どのページでFCKeditorを使用可能にするか、どのボタンやテーマをエディタで利用可能にするか、
どのようにエディタを表示するか、等を設定することができます。

fckeditorモジュールを使ってコンテンツを投稿する手順

実際に「FCKeditorモジュール」を設定し、コンテンツ投稿を行う手順を記載します。

設定方法

  1. ダウンロード
    「FCKeditorモジュール」を使用するには、「FCKeditorモジュール」と「FCKeditor」をダウンロードする必要があります。
    1)下記URLより「FCKeditorモジュール」をダウンロードします。
    ※ここでは「6.x-1.3」をダウンロードしました。
    http://drupal.org/project/fckeditor
    2) ダウンロードした「FCKeditorモジュール」を展開させ、「sites/all/modules」の配下に保管します。
    3)次に、下記URLより「FCKeditor」をダウンロードします。
    http://www.fckeditor.net/download
    ※ここでは「FCKeditor_2.6.4.tar.gz」をダウンロードしました。
    4)3でダウンロードした「FCKeditor」を展開させ「sites/all/modules/fckeditor」の配下に保管します。
  2. モジュールを有効にする
    1)「管理セクション」≫「サイトの構築」≫「モジュール」を選択し、モジュール一覧画面を表示させます。
    2)「FCKeditor」にチェックを入れ、画面下部の「設定の保存」を押下ます。

  3. 権限の設定
    1)「管理セクション」≫「ユーザの管理」≫「権限」を選択し、設定画面を表示させます。
    2)遷移した画面をスクロールし、fckeditorモジュールの「access fckeditor」、「administer fckeditor」、
    「allow fckeditor file uploads」の「認証済みユーザ」にチェックを入れ、「権限の保存」を押下します。
  4. Fckeditorモジュールの設定
    1)「管理セクション」≫「サイトの環境設定」≫「FCKeditor」を選択し、一覧画面を表示させます。
    2)「Advanced」の「編集」をクリックし、設定画面を表示させます。

    3)遷移した画面をスクロールし「Editor appearance」を開き、「Toolbar」より「Default」、
    「言語」より「JA」を選択したら、画面下部の「Updata profile」を押下します。

    以上で「FCKeditorモジュール」の設定は完了です。
  5. 完成例
    「コンテンツ作成」よりコンテンツの作成画面を表示させると下図のようにEditorが表示されます。
    今回は「ページ」の作成画面を表示しています。

関連記事

IMCEモジュールの使い方
コンテンツ中の画像アップロードをサポートするモジュールです。FCKeditorと連携できます。

Drupalでお悩みですか?
Drupalのことは株式会社OSSCにお任せください。
Drupal支援サービスのご紹介
弊社執筆書 Drupal Pro Bookのご紹介

この記事のトラックバックURL(あなたの記事にはこのページへのリンクを含めて下さい):

http://www.webgogo.jp/archives/trackback/515
Sunvisor Lab. から 2009-06-17 水 15:59 受信

DrulapにFCKEditorを入れるととても便利になります。使い方の説明はWeb GO! GO! さんのページにも詳しく説明されています。
適切に設定すれば,FCKEditorツールバーのメニューから画像のアッ...