このページではDrupal 6.xのCCKモジュールについて記載されています。Drupal 5.xのCCKモジュールの使い方はこちらをご覧ください。

CCK(Content Construction Kit)モジュールの使い方 (Drupal 6)

CCK(Content Construction Kit)モジュールを使うと、コンテンツタイプに自ら定義したフィールドを追加し、オリジナルのコンテンツタイプを作成することができます。例えば、通常の「タイトル」「本文」に加えて「調理時間」や「難易度」などの項目を追加し、「レシピ」というオリジナルのコンテンツタイプを作成できます。

CCKモジュールはパッケージ化されており、関連する複数のモジュール(以下)が同梱されています。

モジュール名 基本的な機能
Content 新しいコンテンツタイプを作成できます。
Content Copy 定義したフィールドのインポート/エクスポートができます。
Content Permissions CCK フィールドにフィールドレベルの権限を設定します。
Fieldgroup 定義したフィールドをグループ化できます。
Node Reference 他のコンテンツを参照するフィールドを定義できます。
Number 数値入力用のフィールドを定義できます。
Option Widgets テキストフィールドや数値フィールドにチェックボックスやラジオボタンを追加します。
Text 文字列用のフィールドを定義できます。
User Reference ユーザを参照するフィールドを定義できます。

CCKを利用したコンテンツタイプの追加方法

実際にCCKモジュールを利用して、コンテンツタイプ「レシピ」を作成する手順を記載します。
「レシピ」コンテンツは、通常のコンテンツタイプに含まれるフィールド「タイトル」「本文」に加えて、「調理時間」フィールドを設けて、調理時間を整数で自由入力できるようにします。単位は「分」です。

1. 新しいコンテンツタイプ「レシピ」を作成する

  1. コンテンツタイプの追加画面を表示

    [管理セクション] → [コンテンツの管理] → [コンテンツタイプ]を選択し、表示される画面の上部にある「コンテンツタイプの追加」タブをクリックします。
  2. コンテンツタイプの基本情報を入力

    コンテンツタイプの基本情報を入力します。

    ここでは「名前」欄に「レシピ」、「タイプ」欄に「recipe」と入力してください。



    (そのほかの項目は、画面上に表示される解説を参考に設定します)

    入力を終えたら、画面下部の「コンテンツタイプの保存」ボタンを押します。設定が保存されると、コンテンツタイプの一覧画面が表示されます。

2. 「レシピ」コンテンツタイプに「調理時間」フィールドを追加する

  1. 編集画面を表示

    コンテンツタイプの一覧画面から「レシピ」コンテンツの「編集」リンクをクリックし、再度「レシピ」コンテンツタイプの編集画面を表示します。



    次に、画面上部にある「フィールドの管理」タブをクリックすると、画面下部にフィールドの追加画面が表示されます。



  2. 追加するフィールドの名前を入力する

    まず、追加するフィールド(調理時間)の名前を入力します。ここではNew Fieldの「ラベル」欄に「調理時間」と入力してください。

  3. 追加するフィールドのシステム内部用の名前を入力する

    「調理時間」フィールドをコンピュータが認識する名前を設定します。ここではField nameの欄に「recipe」と入力して下さい。
  4. 追加するフィールドタイプを選択する

    次に追加するフィールドのタイプ(例:文字列、整数、他コンテンツへのリンク・・・など)を選択します。
    「調理時間」フィールドは数字で入力させたいので、「タイプ」のプルダウンメニューから「整数」を選択します。
  5. フィールドの入力形式を選択する

    次に追加するフィールドの入力形式(例:テキストボックス、チェックボックス、プルダウンメニュー・・・など)を選択します。
    「調理時間」フィールドは自由記述で入力させたいので、「操作」のプルダウンメニューから「テキストフィールド」を選択します。



     最後に画面下部の「保存」ボタンを押してください。

  6. 「調理時間」フィールドの設定をする

    画面が遷移し、「調理時間」フィールドの設定画面が表示されます。
    この画面で「調理時間」フィールドに関する各種設定が行なえます。
    ここでは、入力した「調理時間」に単位「分」を自動的に付けて表示できるように、「接尾語」欄に「分」と入力し、「フィールド設定の保存」ボタンを押します。



    画面が遷移し、「レシピ」コンテンツタイプで利用可能なフィールドの一覧画面が表示されれば、「レシピ」コンテンツの作成は完了です。

コンテンツの作成→レシピ を選択すると、下記のようなレシピコンテンツ投稿画面が表示されます。



下記は、上記投稿の表示例です。


関連記事

Drupalでお悩みですか?
Drupalのことは株式会社OSSCにお任せください。
Drupal支援サービスのご紹介
弊社執筆書 Drupal Pro Bookのご紹介

この記事のトラックバックURL(あなたの記事にはこのページへのリンクを含めて下さい):

http://www.webgogo.jp/archives/trackback/523