Drupal 6.x のインストール手順

ここでは、Drupal 6.xのインストール方法について記載します。
Drupalのインストールは、細かい作業が多いですが、決して難しくはありません。以下の手順に従って操作してください。

サーバ環境

Drupal 6.xをインストールするために必要となるサーバ環境は以下のとおりです。

Drupal6.x インストールサーバ環境条件(2008/10/7時点)
ウェブサーバ Apache 1.3 / 2.x (推奨)IIS 5 / 6
サーバスクリプト言語 PHP 4 (4.3.5以上) PHP 5
データベースサーバ MySQL4.1 以上(推奨)PostgreSQL7.4以上

※Drupalのアップデートに伴い、Drupalインストールに必要となるサーバ環境は更新されることがあります。詳細および最新の情報は、Drupal.orgによるサーバ環境情報をご覧下さい。
Drupalを動作させることのできるレンタルサーバはこちらをご覧ください。
※上記の環境が用意できない場合、swsというパッケージを利用することでWindows上で疑似的にDrupalを動かすことができます。swsについてはこちらをご覧ください。

インストール手順

インストール手順は、以下のとおりです。
なお、サーバ環境によっては別途設定が必要となる場合があります。詳しくは、Drupalコアパッケージに同梱されているinstall.txtを参照してください。
また、インストールの前にあらかじめDrupalが利用するデータベースを用意しておいてください。インストール時には、次のようなデータベースに関する項目を入力する必要があるので、情報を控えておいてください。

  • ユーザ名
  • データベース名
  • パスワード
  • ホスト名
  1. Drupal 6.xの最新版をダウンロードする
    Drupal.org(http://drupal.org/) にアクセスし、Drupal 6.xの最新版コアパッケージをダウンロードします。ダウンロードしたファイルは、圧縮されているので、適当な方法でファイルを解凍してください。
  2. 日本語リソースキットのダウンロード
    http://drupal.org/project/ja にアクセスし、日本語リソースキットをダウンロードします。コアパッケージと同様に、ダウンロードしたファイルを適切な方法で解凍してください。
  3. 日本語リソースキットをコアパッケージに移す
    image
    解凍した日本語リソースキットの中身を、階層構造をそのままにコアパッケージに上書きしてください。

  4. settings.phpの作成
    Drupalコアパッケージ内にあるsites/default/default.settings.php をコピーして sites/default/ ディレクトリに settings.php というファイル名で複製します。
    (※settings.phpは、インストール時にデータベース名やパスワードなどの情報が書き込まれるファイルです。Drupalコアパッケージをアップデートした際に、これらの情報が上書き消去されないように、インストール直後はdefault.settings.phpというファイル名で同梱されています。)
  5. Drupal本体をアップロードする
    image
    手順4までで準備したDrupalコアパッケージを、階層構造をそのままにウェブサーバにアップロードします。ただし、次のファイルはアップロードする必要がありません。

    • scriptディレクトリ
    • 拡張子が.txtのファイル(robots.txt以外)
  6. 権限の設定
    インストール時に、ファイルへ書き込む必要があるため、以下のファイル・ディレクトリに書き込み権限を与えます。

    • sites/default (パーミッションを777などに設定)
    • sites/default/settings.php (パーミッションを666などに設定)
  7. ブラウザインストール画面の表示
    image
    ブラウザから、Drupalコアパッケージをアップロードしたディレクトリにアクセスします。インストーラーが起動し、インストール言語の選択画面が表示されます。ここでは「Japanese(日本語)」を選択し、「Select Language」を押します。
  8. データベースのセットアップを行なう
    image
    画面の指示に従いデータベースの設定を行ないます。あらかじめ控えておいた「データベース名」「データベースのユーザ名」「データベースのパスワード」を入力します。
    「高度なオプション」の各項目は、それぞれ次のような場合に設定が必要となります。

    • 「データベースサーバのホスト名」ウェブサーバとデータベースサーバが別々に設置されている場合
    • 「データベースサーバのポート番号」データベースサーバのポート番号が標準以外に指定されている場合
    • 「テーブルのプレフィクス」複数のDrupalサイトを構築し、データベース上でテーブル名がバッティングする場合

    入力を終えたら、画面下部の「保存して次へ」ボタンを押します。

  9. サイトのインストール&翻訳のセットアップ
    image
    データベースのセットアップに成功すると、サイトのインストールおよび翻訳のセットアップが自動的に行なわれます。

  10. 適切な権限を設定する
    image
    ここまでの設定が完了すると、右のような画面が表示されます。
    画面上部には、セキュリティ上の危険を回避するためにファイル・ディレクトリの権限を適切に設定するようメッセージが表示されます。この画面のメッセージに従い、次のファイル・ディレクトリから書き込み権限を取り除いてください。

    • sites/default (パーミッションを555などに設定)
    • sites/default/settings.php (パーミッションを444などに設定)

    image
    権限を変更後、ブラウザの更新ボタンを押してください。右のような画面が表示され、警告メッセージが消えれば、権限変更は適切に行なわれています。

  11. 各種設定を行なう
    image
    画面の指示に従い、次の各種設定を行ないます。

    • サイト情報
      サイト名やサイト管理用のメールアドレスを設定します。
    • 管理者アカウント
      管理者アカウントのユーザ名やメールアドレス、パスワードを設定します。
    • サーバの設定
      タイムゾーン、クリーンURL、アップデート通知の設定を行ないます。

    image
    入力が完了したら、画面下部の「保存して次へ」のボタンを押します。右のような画面が表示されれば、インストールの完了です。

    image
    「新しいサイト」のリンクを選択すると、右のようなトップ画面が表示されます。
    これで、インストール作業はすべて完了です。なおサイトを利用する前に、必要に応じて権限の設定などを正しく行なってください。

関連記事

WindowsでDrupalを動かす - sws
Windowsローカル環境でDrupalを動かせるパッケージ「sws」について記載しています。

初心者のためのDrupalの使い方講座
インストール後のDrupalの基本的な操作方法や概要について記載しています。

この記事のトラックバックURL(あなたの記事にはこのページへのリンクを含めて下さい):

http://www.webgogo.jp/archives/trackback/450